少額の借り入れなら消費者金融がおすすめです

銀行のカードローンは消費者金融より金利が低いので、できれば銀行から借り入れを行いたいと考える人が多いでしょう。ですが銀行の審査は消費者金融より厳しく行われるので、落とされてしまうことも多くあります。

 

審査の通過率は銀行のカードローンでは2〜3割程度というデータがありますが、消費者金融ではその約2倍です。このデータからも、消費者金融の方が借り入れを行いやすいということになります。特に少額の希望の場合は消費者金融なら審査も早く、比較的簡単に借り入れを行えます。よって数万円の少額を希望の場合、消費者金融を利用した方がいいでしょう。

 

10万円までなら消費者金融

大手の消費者金融では10万円までの申し込みであれば、簡単に審査を通過することができます。これは最低の限度額の審査だからです。キャッシングの契約時には限度額が設定されますが、この最低額が10万円になっています。この限度額での審査に通らないような場合、少なくとも現在はキャッシングの利用はできないと考えてください。

 

きちんと定職に就いていてもこの10万円の審査を通らない場合、信用情報が影響していることが多いです。現在の他社からの借り入れ状況や、また過去に借り入れの返済を遅延してしまったことがあると、それが審査で落とされる原因になってしまいます。

 

高額を希望した場合でもその人に合った限度額に設定されると思ってしまうかも知れませんが、少し違います。確かにそのような場合もあります。例えば30万円の希望で申し込みをした時に、その30万円では審査に通らないけど10万円なら通るので10万円の限度額になるというケースも確かにありますが、そのまま30万円の審査として落とされてしまうことも普通にあります。

 

なので高額を希望すると、審査自体を通らない可能性が高くなります。本当に必要な金額の申し込みを行ってください。それが10万円以下の場合は限度額10万円としての審査になるので、まず通らないことはないということです。また10万円以下を希望した場合でも、30万円などの高額な限度額が設定されることがあります。これはそれだけ信用があると判断されたということです。信用できると判断した人には少しでも多く貸し出しを行いたいからです。

 

在籍確認なしで借りられる場合も

キャッシングの審査では勤務している職場への在籍確認が行われます。これはその人が本当にその職場に勤務しているかどうかを確認する作業です。多くの場合は電話を掛けて確認を行います。この在籍確認は審査の最後の段階行われます。審査がここまできた場合、それ以外の要素には問題が無かったということです。ですがこの在籍確認で失敗してしまうと、これが原因で審査を通らなかったり、審査が終わるのが後日になってしまいます。

 

アコムではこの在籍確認に失敗した場合、限度額が10万円の仮契約状態になります。その後再び在籍確認を行って無事に確認がとれれば本来の限度額に設定されて本契約になりますが、仮契約の状態でも10万円までなら借り入れることができます。それだけこの10万円という限度額は消費者金融から見ると、誰にでも貸せる金額だということです。

 

10万円は学生やアルバイトの人でも借り入れることができます

学生やアルバイトの人でも消費者金融から10万円の借り入れを行うことができます。会社員などと同様に、本人に定期的な収入があれば消費者金融の利用が可能です。またキャッシングの利用は20歳以上であることが条件になります。

 

学生だからといってそれ以下の5万円などという限度額の設定はなく、10万円が限度額の最低の設定になります。この10万円の借り入れを行うには規定によって、その3倍の30万円の年収が必要ですが、学生やアルバイトの人でもそれくらいの収入はある場合が多いので、収入が問題になることはまずありません。

 

少額の借り入れなら金利はほとんど変わりません

冒頭にも書きましたが、銀行の方が消費者金融より金利が低く設定されています。そのため消費者金融より銀行から借り入れを行いたいと考える人も多いと思いますが、少額の借り入れの場合は実質的な金利の額はほとんど変わりません。

 

消費者金融では少額の融資に対してはほとんどの業者で18%の金利設定になっていますが、銀行のカードローンでは平均して14.5%程度です。10万円を1ヶ月借りた場合の金利額にして、約300円の差になります。この程度の差額なので、希望が少額の場合はそれほど気にする金額ではありません。

 

また銀行の審査は消費者金融と比べて厳しいだけでなく、長く掛かることもよくあります。特に即日融資を希望する場合、銀行は向いていません。その日のうちに審査が終わらない場合、借り入れを行えるのは後日になってしまいます。

 

無利息期間がある消費者金融があります

消費者金融では初回の借り入れ時に無利息期間のサービスを行っています。どこでも行っている訳ではありませんが、プロミスやアコムでは初回は30日間無利息になります。

 

このサービスを利用した場合、銀行からの借り入れの金利額と比較して、約150日までの利用ではこのサービスを利用した方が金利が低くなります。(14.5%で150日の借り入れと18%で120日の借り入れで計算)

 

すぐに返済できる場合、このような無利息期間がある消費者金融を利用すると銀行を利用するより金利を抑えることが可能です。また銀行でも新生銀行のカードローンのレイクでは、初回の借り入れ時に同じく30日間の無利息サービスを行っています。こういった無利息期間は積極的に利用してください。

こちらも人気です!人気カードローン一覧

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日