休日における審査と銀行振込の問題について

キャッシングサービスは担保も保証人も不要でお手軽にお金を借りられる便利なサービスですが、休日には営業していないと思われがちです。銀行をはじめとする金融機関は週末や祝日には営業していないため、キャッシング会社も休んでいると勘違いされることも多いのです。

 

しかしキャッシングの即日融資は休日でも利用できます。急にお金が必要になることは休日に訪れるものです。そんな時に困ることがないように、休日にキャッシングを利用するための大切なポイントをここで抑えておく必要があるのです。

 

最短時間で借入れできるならココ!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

休日には自動契約機かネットから申し込む

休日は消費者金融の店舗は営業していないため、窓口を訪れてスタッフに面談し申し込むことはできません。そこで融資の申込には自動契約機かネットから申し込むことが必要となります。インターネットあるいはスマートフォンからの申込には24時間365日対応しています。

 

必要な書類をスマホで撮影し、アプリを通して送信するだけで申し込み手続きは完了します。自動契約機を利用する場合も手続きは同様で、自動契約機の設置場所まで出向く必要はあるものの、必要書類をスキャニングし、必要事項を記入するだけで手続きは終了します。

 

休日にキャッシングを利用するには消費者金融がお勧め

申込手続きが完了すると審査が行なわれます。審査では通常、利用者の職場への在籍確認が行なわれることになりますが休日では在籍確認ができません。そこで消費者金融では、融資金額を限定したり、給与明細や源泉徴収票をもって在籍確認に変えるなど、休日に即日融資をするための柔軟な対応をとっています。

 

ここで銀行カードローンでは、職場への在籍確認について消費者金融ほど柔軟な対応がなされていません。きちんと申込書に記載されている職場に電話がつながらない限り審査が完了しないため、休日のうちに融資をしてもらえません。

 

原則として、審査基準は銀行カードローンよりも消費者金融のほうが緩くなっています。そこで休日に即日融資を受けるのであれば、銀行カードローンよりも厳格な在籍確認がない消費者金融に申し込んだほうが確実になるのです。

 

融資の引き出しにはATMを利用すると、より確実

休日に融資を受ける際に注意すべきなのは、融資の受け取り方法です。休日は銀行の休業日であるため、銀行振込で融資を受けても、その融資が銀行口座に反映されるのは銀行の翌営業日となり、休日にお金を引き出すことができなくなってしまいます。

 

そこで休日にキャッシングする際には、ローンカードを利用して、キャッシング会社のATMから借入金を引き出す方法が有効となります。ATMはキャッシング会社のものだけではなく、提携会社のATMも利用でき、コンビニなどにも設置されているため利用できる場所は多く存在しています。

 

ローンカードの受け取りを郵送にしてしまうと時間がかかってしまうため、ローンカードについては自動契約機から受け取るようにする必要があります。なお銀行カードローンを利用している場合、同一系列の銀行口座への融資の振込は、休日でも即時に反映されます。

 

既に銀行カードローンにを利用していて、2回目以降の利用であるならば、休日に銀行カードローンを利用することも可能となります。しかし銀行カードローンの初回利用である場合には審査が必要で、在籍確認の問題から休日のうちに融資を受けることは難しいため、注意が必要です。

こちらも人気です!人気カードローン一覧

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日