おまとめローンが無理でも債務整理という方法があります

おまとめローンの審査に落ちてしまった場合、次に債務整理を行うことを考える必要があります。

 

この債務整理とは現在の借り入れ総額をある程度まで圧縮してもらい、残りの金額を決められた期間に返済していく任意整理や個人再生、そして完全に債務の免責を許可してもらう自己破産という方法があります。これらの債務整理について説明していきます。

 

おまとめローンが無理な場合、まずは任意整理を

おまとめローンを考えるということは、既に多重債務の状態に陥っている可能性が高いといえます。もしおまとめローンが組めたとしても、その金額を返済し切れるか分かりません。このような場合はまず任意整理を考えることをおすすめします。

 

任意整理とは?

任意整理とは消費者金融などの債権者に対して現在の借り入れ額の圧縮を求め、残った金額をその時取り決めた期間に返済していく手段です。同時に返済中の将来的な金利の免除を求めることもできます。この任意整理は弁護士、もしくは認定司法書士に依頼して行うものです。債権者と話し合いを行ってもらい、これからの返済計画を決めるものです。

 

ですので実際に債権者と話し合いをする弁護士や認定司法書士次第なところがあります。腕のいい人だとかなりの結果を期待することができるかも知れませんが、逆の場合はあまり借り入れ額を圧縮できないこともあります。返済中の金利の免除についても交渉次第ということになります。

 

またこれは債権者ごとに行う必要があります。借り入れ先が3社ある場合、その3社に対してそれぞれ話し合いをしないといけません。あくまで任意での整理なので、債権者はこれを拒否することもできますが、実際にはこのような状態に陥っている人から回収をするのは並大抵のことではないので、全くの門前払いということはありません。ですが後述する個人再生の場合と比べてそれほど借り入れ額が圧縮されないことも多くあります。

 

個人再生とは?

個人再生で行うことは任意整理と基本的には同じですが、こちらは裁判所を通して行います。またどれだけの借り入れ額がある場合にどれだけ圧縮されるか、返済期間がどれくらいになるかが決められています。この個人再生の場合、任意整理より借り入れ額の圧縮が大きくなることが多いです。

 

例えば合計して500万円の借り入れがある場合、1/5の100万円まで圧縮されます。そしてその100万円を3年間で返済していくことになります。この場合、月々の返済額にすると約28,000円です。その間の金利も免除されますので、返済できない金額ではないはずです。

 

ほどんど場合で任意整理の場合より債務者には楽な返済になることが多いですが、任意整理とは違ってこれを行うと、この返済が全て終わってから少なくとも5年間は新たな借り入れは行えないと思ってください。信用情報に個人再生を行ったという情報が記録されるからです。

 

任意整理の場合も行った記録は残りますが、その影響は個人再生の場合より小さいです。また任意整理は債権者ごとに行うので、行っていない債権者からはその返済中に借り入れを行えることもあります。ここが任意整理との大きな違いです。借り入れ額の圧縮が大きい分、その後のデメリットも大きいと思ってください。任意整理で済むような場合はそちらの方をおすすめします。

 

自己破産を行った場合

任意整理や個人再生はその人に定期的な収入があることが前提になります。そうではない場合や個人再生で圧縮される額でも返済が無理だと思った場合、自己破産を行うしかないかも知れません。これは裁判所に申し立てを行い、免責を許可してもらうことで税金以外の一切の債務の返済の義務が無くなる制度です。

 

ですが誰にでも行えることではなく、まず借り入れ総額がどう考えても返済できない額に達していることが条件です。そしてその使い道がギャンブルや身の丈に合わない生活をしていたなどの場合には免責が許可されないことがあります。定期的な収入がある場合はまず任意整理や個人再生をすすめられます。本当にどうしてもの場合以外には選択できない手段だと思ってください。

 

免責が許可された場合のデメリットは債務整理の中で一番大きく、個人再生を行った場合と同じく5年間は新たな借り入れは行えないませんが、自己破産の場合これが10年のことがあります。そしてこの自己破産は申請をしてから免責が許可されるまでに半年あまりの時間を要しますが、この間は特定の職業に就けないことがあります。

 

また自己破産を宣告する段階で、おおよそ20万円以上の価値が認められる私物、財産は全て処分して返済に回さないといけません。これには持ち家や車なども含まれます。個人再生ではそれらを処分する必要はありませんが、自己破産ではこれは必須条件になります。また預金があった場合も原則的に20万円以上の分は破産宣告の前に返済に回さないといけません。

 

このように自己破産は完全に債務をゼロにできますが、デメリットも一番大きい手段です。このような点も考えた上で、どの債務整理を行うかを選択することが大切です。まずは一番デメリットが少ない任意整理を行うことを考えてみてください。これで何とかできるに越したことはありません。

こちらも人気です!人気カードローン一覧

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日